DLCとは

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)とは、ダイヤモンドに近い特性をもつ非結晶(アモルファス)のことです。DLCの薄膜を、プラスチック、金属をはじめ、いろいろな材料の表面にコーティングすることにより、新しい製品が生まれるのです。

ダイヤモンド DLC (Diamond Like Carbon) グラファイト

ダイヤモンドに近い特性と、ひとことで言っても、それは具体的にはどのような特性なのでしょうか。

1. 硬い/摩耗に強い
2. 薬品に強い/腐蝕に強い
3. 表面が滑らか/低摩擦
4. 透明度が高い
5. ガスを遮断する/電気を通さない

上記は、DLCの特性の中でも、ほんの一部です。(詳しくはDLCの特徴で詳しくご説明いたします)。

このような優れた特性を持ったDLCですが、具体的に製品として使う場合、どんなメリットがあるでしょうか。 ペットボトルの内面にコーティングした、ガスバリア製品を例に取ってご説明いたします。

実は、ペットボトルは、酸素を多量に通してしまいます。
そこで、ペットボトルの内壁にDLC薄膜を形成し、酸素を遮断すれば、商品を高品質に保つことができるのです。また、商品に多量に加えている酸化防止剤などの添加物を減らすことができるのです。これをDLCの「ガスバリア性」と言います。

ガスバリア性以外にも、DLC薄膜には応用範囲が広く、今後新しい製品を次々に生み出してゆくことが可能です。
生活が便利になるだけではなく、健康な生活や、環境破壊への対策など、当社の技術を生活の中でお役立ていただきたいと考えています。