知的財産戦略

 

 

横浜知財みらい企業認定

 

nano tech 2017 にて「日刊工業新聞社賞」を受賞

ストローブ株式会社(神奈川県横浜市 代表取締役社長:今井裕一)は、東京ビッグサイトで開催された第 16 回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nano tech 2017 / 会期 2 月15 日~17 日 実行委員長 川合知二先生)に出展し、優秀出展者を選出する「nano tech 大賞」において、「日刊工業新聞社賞」(取締役社長 井水治博様)を受賞しましたのでお知らせいたします。

くらしくはこちら

 

「中小企業等特許情報分析活用支援事業」に採択

2017年6月9日(金)(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)委託事業「中小企業等特許情報分析活用支援事業」に採択されました。(発明推進協会)        

https://ip-bunseki.go.jp/

 

「外国出願支援事業」に採択

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)により、国際競争力のある新技術・新製品等を創造する企業を育成し、横浜の経済を活性化することを目的とした平成29年度「横浜市中小企業知的財産活動支援事業(外国出願支援事業)」に採択されました。(2017年8月1日)

https://www.jpo.go.jp/sesaku/shien_gaikokusyutugan.htm

 

「NanotechJapan Bulletin」掲載

文部科学省委託事業「ナノテクノロジープラットフォーム」のウェブサイト「ナノテクジャパン」NanotechJapan Bulletinの取材を受け、10月31日弊社特集記事が掲載されました。

Vol. 10, No. 5, 2017年10月31日発行/ナノイノベーションの最先端(第57回)ストローブ株式会社 | NanotechJapan Bulletin - ナノテクノロジーの最新の成果を満載したWebマガジン

http://nanonet.mext.go.jp/magazine/1368.html

 

横浜知財みらい企業認定(第2回)

グローバル化する経済の中で勝ち抜くために、知的財産を経営に活かして飛躍しようとする企業として、昨年に続き「横浜知財みらい企業」に認定されました。横浜市経済局による記者発表内容は下記のとおりです。(2017年11月30日)

横浜市 経済局 【記者発表】知的財産を積極的に活用した経営に取り組む「横浜知財みらい企業」59社を認定!

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h29/20171124111855.html

 

「特許庁マッチング実証研究事業」採択

特許庁マッチング実証研究事業

特許庁「平成29年度中小企業等知財支援施策検討分析事業(中小企業等知財分析レポートを用いたマッチング実証研究事業)」に採択され、マッチング先の大手企業訪問に、特許庁、デロイトトーマツの皆様のご同行をいただきました。 

特許庁のマッチング実証研究事業の内容は、下記のとおりです。

https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/public-sector/lg/business-matching-2017-3rd.pdf

 

 

DLC技術の第三者評価を受けました

(公財)岡山県産業振興財団により対象企業2000数百社中5社に限定された技術力等評価(弊社DLCに特化)を受け、新規性・独創性および事業遂行能力で高い評価を得ました。(平成30年2月2日)

詳細な情報をご希望のかたは、お問い合わせください。

 

平成29年度医療機器ものづくり商談会参加企業に選ばれました

経済産業省関東産業局

小径長尺チューブ内壁DLC成膜

 

経済産業省関東産業局の平成29年度医療機器ものづくり個別商談会参加企業に選ばれ、弊社代表の今井裕一が商談会に出席しました。世界で初めて、小径長尺チューブ内壁DLC成膜を実現した人工血管技術です。弊社技術が産業にリンクし、お役に立てるよう願っています。